査定を受ける準備としての洗車の方法について

査定を受ける準備としての洗車の方法について

 

洗車の仕方を間違えると、車にキズがついてしまいます。

 

後々車を売るときに、マイナス査定になってしまわないように日頃から車を大切に扱いましょう。

 

そこで、車にキズをつけない洗車の方法を紹介していきます。

 

 

 

正しい洗車の手順

 

まずはバケツなどの入れ物に水を入れて、車用の洗剤を混ぜてください。

 

スポンジに直接洗剤をつけて洗う人が多いですが、洗剤が固まってしまって車に洗剤の跡がついてしまうことがあるので、スポンジに洗剤を直接つけるのはやめましょう。

 

水に洗剤を入れてよく混ぜて、しっかり泡立ててから使うようにすると良いですね。

 

次に、車全体を濡らすように水をかけてください。

 

水で落とせる程度の汚れはここで落としてしまいましょう。

 

その後、洗剤と水を混ぜたものをスポンジにつけて、車を丁寧にこすっていきます。

 

全体をこすり終わるまで水で流さずにいると、洗剤が固まってしまって洗剤の跡が残ってしまうので、部分ごとに分けてこすり、その部分がこすり終わったら水で流すことを繰り返しましょう。

 

そうすれば洗剤の跡を残すことなく車を洗うことができます。

 

すべての部分を洗い終わったら、仕上げのクロスで水の拭き取りを行ってください。

関連ページ

手間なく、より高く査定してもらうためには
中古車を高い買取価格で買い取ってもらうには、かなり手間がかかります。まず、買い取りの査定をしてもらう業者は1ヶ所ではいけません。複数の業者に査定してもらうことが必要です。また洗車をしてから査定してもらうと、買取価格がアップすることがあります。
必要な事前準備
車を買い取ってもらう前には、買取業者を調べたり、洗車をしたり、必要書類を集めたりという事前準備をしっかりしておかなければいけません。