車検が切れた車を売却するとき注意すべきこと

車検が切れた車を売却するとき注意すべきこと

 

車検が切れた車の売却を考えているとき、注意しなければいけないことがあります。

 

それは、「車検を受けてから売ってはいけない」ということです。

 

どうしてかというと、車検にかかった費用が見積もり額に上乗せされるというわけではないからです。

 

査定額を高くしようと、売却前に車検を受けたとしても、かかった費用を回収できないのであれば全く意味がありません。

 

車検が長く残っていればいるほど、査定額が高くなる可能性はありますが、わざわざ車検を受ける必要はありません。

 

 

 

車検の価値について

 

また、仮に車検が切れているからといって、車の価値がなくなる、ということはないです。

 

買い替えの時期について、「車検が切れたから車を処分する」という話もよく聞きますが、車検分の価値というのは大したものではありません。

 

なので、もし車検が切れていたしても、査定はしてもらうほうがいいのです。

 

車検が切れてから2年以上経っているような車であっても、ガンガン査定額はつきます。

 

最近では部品目的で買取をしている業者も多いので、「どうせ買い取ってもらえない」と諦めてしまう前に、査定に出してみてはいかがでしょうか。

 

車を売ってお金をもらうか、車を処分してお金を払うか。

 

お得なのがどちらかは一目瞭然だと思います。

 

損をする前に行動してみましょう!

関連ページ

廃車
クルマが古くなって廃車寸前・・・というときに車を手放すの1つの選択肢ではあるものの、最初から選ぶべき選択肢ではありません。なぜかといえば、最近はどのような状態の車でも買い取ってもらえることが多いからです。
修復歴あり
車は、修理したことがあっても、あまり問題なく買い取ってもらえます。修理歴のない無傷の車と比べると、どうしても価値は下がってしまいますが、廃車にお金をかけるくらいであれば、多少の金額であっても売却したほうがいいと思います。
ローン残がある場合
ローンの残りがあっても、車は査定・買取してもらうことができます。車の買い取りをしてもらうためには、車検証に書いてある所有者が自分でなければいけないのは確かですが、ローン返済サービスを使って車を買い取ってもらう方法があります。
よくあるトラブル
中古車を売るときに、注意をしたほうがいい代表的な2つのトラブルについて、ご紹介します。ひとつめは「名義変更についてのトラブル」、ふたつめが「金銭についてのトラブル」です。