修復歴がある車を売る場合、そもそも査定額はつくのか

修復歴がある車を売る場合、そもそも査定額はつくのか

 

車は、修理したことがあっても、あまり問題なく買い取ってもらえます。

 

修理歴のない無傷の車と比べると、どうしても価値は下がってしまいますが、廃車にお金をかけるくらいであれば、多少の金額であっても売却したほうがいいと思います。

 

どうしても修理歴のある車は価値が下がるのかと言うと、「どの程度の修理が行われたかの判断が難しいから」というのが理由の1つです。

 

過去にどんな修理を行ったのか、傷や破損の程度はどれくらいだったのか、

 

買取店の査定士といっても、全てを把握することは困難です。

 

場合によっては車の不具合が再発したり、それが大きな事故につながる危険性も考えられるので、その車種の一般的な相場と比べると、査定額はだいぶ低くなってしまいます。

 

また、買う方もそのことを理解しているため、たとえ販売に至ったとしても、売れないということが考えられます。

 

 

 

修復歴があろうと普通に査定額はつきます!

 

そうは言っても、実際には査定額はつくものです。

 

昔と違い、現在はしっかりとした修理作業をする業者がほとんどで、手抜き修理などは見られなくなりました。

 

修理をしてもらった店舗に買取を依頼すれば、修理の状態は把握できているでしょうし、しっかり修理をしている場合は、他店よりも高く買い取ってもらえる場合もあるのではないでしょうか。

 

とはいえ、全ての場合で高く買い取ってくれるという保証はありません。

 

愛車を査定するならこちらも読んでおきたい

関連ページ

廃車
クルマが古くなって廃車寸前・・・というときに車を手放すの1つの選択肢ではあるものの、最初から選ぶべき選択肢ではありません。なぜかといえば、最近はどのような状態の車でも買い取ってもらえることが多いからです。
車検切れ
車検が切れた車の売却を考えているとき、注意しなければいけないことがあります。それは、「車検を受けてから売ってはいけない」ということです。どうしてかというと、車検にかかった費用が見積もり額に上乗せされるというわけではないからです。
ローン残がある場合
ローンの残りがあっても、車は査定・買取してもらうことができます。車の買い取りをしてもらうためには、車検証に書いてある所有者が自分でなければいけないのは確かですが、ローン返済サービスを使って車を買い取ってもらう方法があります。
よくあるトラブル
中古車を売るときに、注意をしたほうがいい代表的な2つのトラブルについて、ご紹介します。ひとつめは「名義変更についてのトラブル」、ふたつめが「金銭についてのトラブル」です。