廃車には査定額がつかないという自己判断では損をしてしまう

廃車には査定額がつかないという自己判断では損をしてしまう

 

クルマが古くなって廃車寸前・・・というときに車を手放すの1つの選択肢ではあるものの、最初から選ぶべき選択肢ではありません。

 

・査定額がつかないと思われる車の廃車

 

・買取、もしくは引き取りしてもらえないと思われる車の廃車

 

どちらにしてもあくまで個人の判断でしかありません。

 

こういう考えは、選択肢を自分で減らしているようなもので、前述の通り、廃車という選択は最後の手段と考えてください。

 

 

 

なぜ廃車は最終手段なのか

 

理由を申しますと、最近はどのような状態の車でも買い取ってもらえることが多いからです。

 

正確にはこれは最近ではなく、何年も前からそうだったのですが、以前は自ら車を店舗に持ち込んで査定してもらうのが一般的でした。

 

こういった場合、持ち込む店舗というのは、たかだか1?2社くらいだったと思います。

 

理由は、複数の店舗に持ち込むのが面倒だからです。

 

多くの人は下取りという選択を選ぶと思います。

 

よって、買い取ってもらえないであろう車は、そのまま廃車処分されてしまいます。

 

しかし近頃は、オンライン査定という、インターネット上で査定ができるサーピスが存在します。

 

今ではオンラインの査定が主流になってきており、オンラインであれば一気に10社ほどの買取業車の見積もり金額を調べることができます。

 

多くの業者の見積もりを知ることで、車を買い取り率があがり、以前であれば売れないだろうと思われていたような車であっても買い取ってもらえる可能性があるのです。

 

以上のことから、廃車処分を考える前に、愛車の価値について少しでも調べることをおすすめします。

 

自分の車の価値を、オンライン査定で簡単に調べてみてはいかがでしょうか。

 

オンライン査定はこちらから

関連ページ

修復歴あり
車は、修理したことがあっても、あまり問題なく買い取ってもらえます。修理歴のない無傷の車と比べると、どうしても価値は下がってしまいますが、廃車にお金をかけるくらいであれば、多少の金額であっても売却したほうがいいと思います。
車検切れ
車検が切れた車の売却を考えているとき、注意しなければいけないことがあります。それは、「車検を受けてから売ってはいけない」ということです。どうしてかというと、車検にかかった費用が見積もり額に上乗せされるというわけではないからです。
ローン残がある場合
ローンの残りがあっても、車は査定・買取してもらうことができます。車の買い取りをしてもらうためには、車検証に書いてある所有者が自分でなければいけないのは確かですが、ローン返済サービスを使って車を買い取ってもらう方法があります。
よくあるトラブル
中古車を売るときに、注意をしたほうがいい代表的な2つのトラブルについて、ご紹介します。ひとつめは「名義変更についてのトラブル」、ふたつめが「金銭についてのトラブル」です。