ローンがある車は買取してもらえる?査定価格がローンを下回った場合は

ローンがある車は買取してもらえる?査定価格がローンを下回った場合は

 

ローンの残りがあっても、車は査定・買取してもらうことができます。

 

まだローンが残っているから、買い取ってもらえないだろう、残りのローンを払ってしまってから新しい車を買おうと思っている人が多いですよね。

 

車の買い取りをしてもらうためには、車検証に書いてある所有者が自分でなければいけないのは確かですが、ローン返済サービスを使って車を買い取ってもらう方法があります。

 

他の消費者金融などからお金を借りて、ローンを完済するというようなリスクの高い方法ではなく、車を買い取ってくれる業者が代わりに返済をしてくれるのです。

 

 

 

買い替えるのにベストなタイミングとは

 

車を査定してもらって、その価格がローンの残りの金額よりも高かったときは、買い取ってもらったお金を使って、代わりに返済してもらったローンの残りをその場で返済することもできます。

 

査定価格がローンを下回った場合も、代わりに返済してもらったローンの残高から買取価格を差し引いてもらうことができるので、負担を減らすことができます。

 

代わりに返済してもらったローンは毎月返済して、買い取ってもらったお金は次の車を買うときに使うということももちろん可能です。

 

こんなに便利なサービスが利用できるのに、ローンが残っているからといって車の買い替えを諦めるのはもったいないですよね。

 

計画的に車を購入することはとても重要ですが、ローンの完済まで待っていては車の査定価格が下がってしまうこともあります。

 

どのタイミングで買い替えるのがベストなのか、決めるのはあなた自身です。

 

これからの生活のことなども考慮して買い替え時期を決めましょう。

関連ページ

廃車
クルマが古くなって廃車寸前・・・というときに車を手放すの1つの選択肢ではあるものの、最初から選ぶべき選択肢ではありません。なぜかといえば、最近はどのような状態の車でも買い取ってもらえることが多いからです。
修復歴あり
車は、修理したことがあっても、あまり問題なく買い取ってもらえます。修理歴のない無傷の車と比べると、どうしても価値は下がってしまいますが、廃車にお金をかけるくらいであれば、多少の金額であっても売却したほうがいいと思います。
車検切れ
車検が切れた車の売却を考えているとき、注意しなければいけないことがあります。それは、「車検を受けてから売ってはいけない」ということです。どうしてかというと、車検にかかった費用が見積もり額に上乗せされるというわけではないからです。
よくあるトラブル
中古車を売るときに、注意をしたほうがいい代表的な2つのトラブルについて、ご紹介します。ひとつめは「名義変更についてのトラブル」、ふたつめが「金銭についてのトラブル」です。